Hadronika Portal

ポップミュージック作りながら飲食店店長やってます。

カテゴリ: Lyrics

泣いて笑って唇が動いて
君は何か言ってたみたいだ
それは町が吹っ飛ぶような威力の
魔法の呪文だったらしい

さらば ならば 明日から困る
筆舌に尽くしがたいほど困る
さらば たられば 未来は消える
全ては机上の空論だったってことか


だけど生きていかなくちゃ
傷から零れてしまう何かのエナジー
治りかけのカサブタを剥がして
早すぎてまた滲むけど

朝も昼も静かな夜も
血迷わないように何かしていなきゃ
指と汗と小さな呼吸も
封印してまた解除して繰り返す


泣いて笑った思い出の続きは
現実世界じゃ更新されない
そして夢も吹っ飛ぶような威力の
魔法の呪文だったらしい


さらば サレンダー 明日また困る
筆舌に尽くしがたいほど困る
さらば たられば 未来は消える
全ては机上の空論だったってことか

朝も昼も静かな夜も
血迷わないように何かしていなきゃ
指と汗と小さな呼吸も
封印してまた解除して繰り返す

焼け残った夕日の果てに
全ての嘘の旅路を見た
やめたくない葛藤の答えも
分かって忘れてどこへ行った

分かりやすく書けだなんて
どうやってだろう
弓を引いて 放たぬまま
何故終える

駅で別れよう 世界を分かとう
闇の速さで混ぜ返そう
ぼんやりと言葉交わして
夢見心地でさよならだ

 
子供達が遊ぶ夜に
全ての嘘が暴かれそう
染み着いてた真っ当な答えも
笑って忘れてどこへ行こう

分かりづらく書けだなんて
どうやってだろう
意味を知って 話さぬまま
何故終える

駅で別れよう 未来を分かとう
闇の速さで解き放とう
ぼんやりと愛は終わって
夢見心地でさよならだ
 

駅で別れよう 世界を分かとう
闇の速さで混ぜ返そう
ぼんやりと言葉交わして
夢見心地でさよならだ

↑このページのトップヘ